【記憶術の方法@ガイド】 - 効果的なやり方とは?

記憶術に関するウンチク

脳内キャンバスとしての記憶術

記憶術とはビジネスや学習において、その技能を活用出来る実践的なテクニックです。

ビジネスや学習においては、何よりも情報の確実な習得と理解、さらには記憶としての定着が求められることから、インプット段階においても逐一、情報処理を行っていくようなスタイルが求められます。

ただし、人間はコンピューターとは異なり、生きた存在ですから、マシンのように一定のパフォーマンスを常に発揮できるわけではありません。

当然、人ぞれぞれのスペックの違いもありますし、また、そうしたスペックの差がマシンのように表面から読み取れるわけでもありません。

まあ、同じ人であってもその時のコンディションや、メンタリティなどによっても、発揮されるパフォーマンスの差がまるで別人では?と思えるほど、違ってきたりするのです。

このような不確定要素が多いのが私たち人間なのですが、そうした生まれつきの能力としての「記憶力」の資質は、後天的な刺激や食生活の改善などによって増進されますので、まず、「記憶術」を最大限に行使出来る環境を整える必要があります。

そうした環境が整ったら、次は「記憶術」に必要なアイテムを整備するわけですが、アイテムといっても、何かを特別に買い求める必要があるわけではありません。

ここで必要となるアイテムは、「想像力」であり、「イマジネーション」であり、さらには「頭の中で思い描くイメージ」のことを指しています。

つまり、頭の中にキャンバスがあり、そこに自由な絵や写真を思い浮かべることが出来るようになれば、人間の「記憶術」は、飛躍的に増大します。

このことは、ある事象に関するイメージを描いた絵を何枚も保管しておくことが出来れば、その絵を引っ張り出して、じっと眺めているだけで、思い出すべきことをごく自然に思い出すことが出来るというわけです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 記憶術の方法@ガイド All Rights Reserved.