【記憶術の方法@ガイド】 - 効果的なやり方とは?

記憶術に関するウンチク

脳科学と記憶術

最新の脳科学の研究では、実に興味深いことが次々と発見されています。

たとえば、「記憶術に優れた人は一般知性にも優れているわけではない」という事実です。

このことは、同時に、「記憶術に優れた人は、脳の構造が違うわけでもない」という事実も証明しているそうです。

となると、人によって、記憶力に差があるのは、「脳の働く場所が違うのでは?」という、仮説が立てられました。

そこで、この仮説に基づいて、ある実験が行われました。

それは、「6つの記憶対象を4秒ずつ提示したあと、2つを出してそのどちらが先に出たかを答えさせる」実験なのですが、その対象を3度に分けて、調べたそうです。

最初は、「3桁の数字」で、2度目は「人の顔」、3度目は「雪の結晶」という、次第に識別の難易度が上がる内容で、それを普通の人と記憶力に優れた人に同時に行ったそうです。

この実験で分かったことは、記憶する際には、右の小脳の活性化すること。そして、どの実験においても、記憶術に優れた人は左上中頭回、両側後部板状皮質、右海馬後部、の活性化が強く認められたそうです。

さらに、数字による実験では、記憶術に優れた人にのみに活性化が認められた場所として、右帯状皮質、左紡錘状皮質、左下前頭溝後部が挙げられたそうです。

これらの部分は、空間記憶に大切な部分であることから、やはり、記憶術が優れた人が、「頭の上からつま先までに関連づけて、物事を空間的な系列として捉えていること」が、脳科学的に証明されたそうです。

今後の研究では、脳におけるこれらの箇所が司る機能と、人間の記憶とが、具体的にどう結びついているのか?という検証を進めることにより、さらに脳と記憶の関係を解明していくことが期待されています。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 記憶術の方法@ガイド All Rights Reserved.